高田馬場・西早稲田で交通事故治療なら

電話番号

野球肘

投球による肘障害を総称して野球肘といいます。

野球肘には「外側型」と「内側型」に分類されます。

「内側型」野球肘

肘が痛いといって来院される中で一番多いものです。原因の大多数は肘の内側につく腱や筋肉によるもので、投げすぎ、ストレッチ不足、フォームの異常が元になっています。

投球しながらの治療も可能です。

内側型野球肘の中で最も頻度が高いのは、「内側上顆裂離」です。少年野球をやっている子供達の20%が罹患していると言われています。

ほとんどがリハビリを中心とした保存療法でスポーツ復帰が可能です。

「外側型」野球肘

「離断性骨軟骨炎」と呼ばれるタイプです。ほとんどが小学生時に発症し、少年野球をやっている子供達の約2%に発症すると言われています。

内側型野球肘に比べて頻度は低いものの、長期間の投球動作の禁止を強いられることになります。治療が遅れると手術が必要になることもあります。

また、放置例では将来の「変形性肘関節症」につながるので注意が必要です。従って、早期診断早期治療を行う必要があるのです。

*投球障害の予防のために

投球動作は肩や肘にとって危険な動作だという認識を、選手や家族、指導者が持つ必要があります。特に骨・軟骨が未熟な子供達にとっては投げすぎに注意する必要があります。

当院では

肘は肩関節と連動しているので、まず肩関節の調整をします。次いで、肘関節の内側付近の筋肉、靭帯、腱のアプローチを行い。身体全体の使い方指導、フォーチェックをします。

しかし、どんな野球肘でも治せるものではありません。保存療法では間に合わない場合は手術を勧める場合もあります。

まとめとして、痛みを我慢して投げることが選手の命取りになります。又有能な選手が肘を痛めて、そして肘が伸びなくなって好きな野球を断念するような症例を沢山見てきました。

「痛いことはやらない」これを徹底しなければ治り方は遅くなるばかりです。

 

About すわの森はり灸接骨院

新宿区高田馬場西早稲田エリアでの交通事故による首の痛みには当院での鍼灸治療が有効です。首や肩のお悩みなら施術歴20年以上の私たちのお任せください。なぜ首がつらいのかレントゲンやMRIでは異常なしと言われても経験ある手の感覚で1つ1つクリアしていきます。あきらめていた首や肩の後遺症は当院にぜひご相談ください。

未分類 2016年8月23日